生まれつきの肌の美しさ

しっかりメイクも良いのですが、大切なのは生まれつきの肌の美しさだと思います。

スキンケアを入念に行い、天然のお肌をよみがえらながら、生まれたままの素顔でも人前に出るのが楽しくなるくらいの自信を持てることが願望です。

なお、健康的で充分な水分を含んだ肌のキメは、細かくて美しいものです。

この「キメ」とは、肌の表面上を網羅する細い線である皮溝と、皮溝が区切る皮丘という部位で造られた模様のことをさします。

キメが整っている肌を見ると、皮丘の部分が均等な形に揃っているのがわかります。

でも、身体の表面を覆う表皮が自身に含んだ水分を失って、乾燥した荒れた状態になると、キメは整然とした様子を失い、形を保てずに壊れてしまいます。

表皮が荒れたままだと、バリアとしての働きは弱まってきますので、すぐ下にある真皮もダメージを受けてしまいます。

真皮が傷むと、真皮には皮膚の土台としての働きがあるため、肌は支えを失って肌表面にシワやシミをつくります。

何とかして肌のシミを消す方法は、最近では多くの種類があります。

でも、一番効率がいいと感じたのは、高濃度プラセンタが入った美容液を肌に染み込ませ、高品質の食べるコラーゲンのニッピコラーゲン100を摂取することです。

ニッピコラーゲン100をずっと使っているうちにシミの色素が淡くなってきたので、引きつづき使用してシミを消しさろうと思います。

なお、シミに悩む人にとって最大の敵であるのが紫外線ですが、もう一つのシミの元凶と言われているのがホルモンバランスの乱れです。

その具体例として挙げられるのは、最近になってテレビCMによって知名度を上げた「肝斑」です。

ホルモンバランスの乱れによるシミの一つがこの肝班で、妊娠中や出産後の発症が比較的多いということが特性です。

他にも、肝斑はピルの服用によっても発症が促されるということが知られています。

その原因が紫外線のシミと比較して、完治する可能性が低いといったことも他のシミとの大きな違いです。

ちなみに、ほうれい線を消してしまうには、特に美顔器を使用したスキンケアをやってみると良いと思います。

たった2本しかないほうれい線ですが、1回できてしまったほうれい線を化粧品のスキンケア効果で薄くしたり消してしまうことは、そうそう容易なことではありません。

そこで、常日頃からのお手入れに美顔器を使用して、肌の深いところまで美容成分を浸透させることをおすすめします。