ダイエットを成功させるウォーキングのコツ

ダイエットのために歩く場合の注意点は、必ず40分以上は歩きつづける事だそうです。

その理由は、有酸素運動であるウォーキングで、脂肪が体内で燃え初めるのは、ウォーキングを開始してから約30分が過ぎた頃からだからです。

つまり、10分や20分くらいのウォーキングした程度では、脂肪を燃やすことはできず、痩せる効果はほとんどないということです。

それに、人間は年齢を重ねるにつれて、体を動かしていく機会も減りますし、基礎代謝量も自然と低下していきます。

一般的に基礎代謝量の平均値は、20歳を過ぎたころからだんだんと落ちていきます。

これは成長期の終了によって、基礎代謝量が一定値に安定しだしたことと、運動量の減少のために筋肉量も低下してくるためです。

そのため、30代以降になるにつれて、だんだんと体型が変化し、お腹もぽっこりとして太りやすくなるのはこう言った理由があるのです。

若い頃は家でゴロゴロしてても、元々が基礎代謝量がすごくあるので、少し食べ過ぎてしまって体重が増加したとしても、短い期間で元通りになることがよくあります。

けれど、年齢を重ねていくと基礎代謝量が下がってしまい、エネルギーの消費量も落ちるので、運動も何もしなかったとしたら太っていくだけです。

そのため、自分では一生懸命にダイエットをしてるつもりでも、思う通りに体重は減ってはくれないのです。

やはり、いびきがうるさいから寝れないなどと言わず、ダイエットには体質改善を先にやらないとやらないとダメですね。

そこで、ダイエットを成功させるためには有酸素運動と筋トレが効果的です。

有酸素運動でとりワケ使われる筋肉は遅筋で、筋トレをする時に使われているのは速筋と言います。

あまり聞いたことがないかもしれませんが、遅筋は筋が肥大しにくいため、見た目にマッチョになりにくい筋肉です。

この遅筋と速筋を同時に鍛えることで、余分な脂肪が減ってスタイルもよくなってゆきます。