マイナーな護身術イミ・クラヴマガの練習が面白い! 

おととしから、月2回ペースでイミ・クラヴマガという護身術を習っています。

最初は、付き添い的に始めましたが段々と面白くなってきました。

護身術=自分を守るためのいろんな練習をするのです。

護身術というと合気道のイメージで、激しくないものだと思っていましたが違いました。

打撃があるのでミット練習があったり、マットを使っての受け身の練習もあります。

あと護身の練習もあり、意外と練習内容は幅広いです。

着るものは基本的には道着上下ですが、普段はTシャツとジャージで練習しています。

しかし、クラヴマガでは帯の認定があり、現在私は白帯なのですがベルトテストを行っていくと色帯になるので、そろそろ道着の購入を考えています。

私は以前、空手を習ったことがあります。

空手では試合がありますが、護身術には試合はありません。

ただ実践を想定してのスパーリングは行うようですが、私はそこまでレベルが上がっていないので、まだやったことありません。

空手と違うのは、基本的な形は決まっているけどそれにこだわらない。

常に自分を守るための態勢を作らなければ、自分がやられてしまうという状況を考えながら動く。

その考え方に戸惑うことはありますが、奥が深いので面白いです。

あと驚いたのが、ナイフや拳銃から身を守る方法も練習するのです。

あまりにも非現実的に感じますが、別のもので襲われてしまうことも考えて、応用できるように練習しています。

女性が男性に襲われたとき、どう対処するかなども教わります。

まだマイナーな護身術ですが、色んな方に知ってもらいたいです。